はじめまして camoこと加持靖代(かもちやすよ)です。

 

かもちゃん先生って呼んでくださいね♪

 

足利市在住 男の子と女の子がいます。

ふたりとももう親離れのお年頃です。

 

 

大阪府生まれ。

父の転勤で、広島・東大阪・奈良と転居ののち、小学校1年生のとき栃木県足利市に引っ越してきました。

 

女子高時代は、管弦楽部と女子トークに没頭。

勉強よりも大事なものを、ここからいっぱい手に入れたような気がします。

 

大学では国語学を専攻。古文書と変体仮名の解釈がおもしろかったり、国語史の講義で母音と子音の変遷に衝撃を受けたり、「あさきゆめみし」をテキストにした講義にカルチャーショックを受けたり。「学ぶってたのしい!!」とここではじめて本当に思いました。卒論テーマは「万葉集の地名表記」でした。

 4年生のとき母校足女で教育実習をさせていただきました。そこで自分の未熟さに愕然とし、国語科の先生になることに挫折。

 

大学卒業後、地元金融機関に就職。預金後方事務で年金やマル優・財形預金・相続・保険などを学び、そののち総務(庶務計算)に異動、財務・労務・法務を学びました。この時の経理・人事管理や資産管理の経験が、起業した今とても役に立っています。

 

 

 

結婚を機に退職し、息子が生まれ、子育て中心の生活に。

 

そのころ主人の転勤に伴い、だれも知らない土地で生活することになりました。子どもが寝てから、趣味だったフエルト手芸でおままごと食材をつくり、お友だちにプレゼントしたところ、とっても喜ばれました。

気をよくした私は、幼稚園ママ友に教えてもらったヤフオクに出品。これがどんどん高値で売れるようになり、さらに上機嫌。

作品の記録のためにはじめたヤフーブログでは、たくさんのネット友とつながり、地元のイベントに誘われるようになり、出店・販売などもしていました。

 

子どもが大きくなると、学校のことやおけいこごとの送り迎えなどで、だんだん制作の時間が取れなくなり、ネットショップもイベント出店もお休み状態に。

そのかわり、子ども図書館工作教室からつながった方たちから工作教室の先生をたのまれるようになりました。

 

公民館講座や放課後子ども教室の先生をしながら、少しずつ自分の講座を開催できるようになり、平成28年に「ちくちくのへや」として独立開業しました。

 

 

 

 

わたしは、身近なものをつかってかわいいものを作るのが得意です。

 

 

「こんなものを作りたい」

「グループやサークルでテーマに沿った手作り企画をしたい」

「おともだちとたのしい時間にしたい」

 

そんなご要望に応えられるように、いっしょうけんめい考えてご提案しています。

 

これからも人と人とのつながりを大事にしながら、ものつくりを通してみなさんとたのしい時間を作っていきたいと思っています。

 

 

出版・出演・掲載

・ブティック社「フエルトのおままごとあそび」作品掲載

・NHK「こんにちは!いっとろっけん」出演(2009)

・フジTV「ノンストップ!」出演(2012)

・ESSE(扶桑社)プラチナレポーター(2011~現在)

・扶桑社「ESSE」誌面掲載(多数)

・下野新聞ASPO第1面掲載

 

講師履歴

・アピタ子ども図書館「かもちゃんの工作教室」企画・指導

・NPO教育支援協会北関東「ものつくり研究所」企画・指導

・足利市内公民館講座指導

・デイ・ケアサービス様工作教室企画・指導

そのた各種イベント・講座の企画・指導 多数